よくあるご質問

よくある質問

  • 補聴器をつければ、すぐに聞こえるようになりますか?
    補聴器を使用した場合の効果も個人差があります。また、聞こえを補う機能にもある程度の限界があります。耳は感覚器官ですから少しずつ、耳も使い方にも慣れていきましょう。大事なことは、少しずつ使ってこまめに調整していくこと、使用していい点を見出すことです。
  • 補聴器はうるさいものですか?
    聞こえが遠くなると、音の弱い静かな状態に耳が慣れてしまいます。そのため補聴器も使い始めはうるさく感じる人もいますので、段階的な調節が必要です。不快な大きな音は、調節機能でしっかり制御しなければいけませんので、制御できるものをお選びします。
  • 雑音(ノイズ)が多いと聞きますが…
    補聴器から聞こえる雑音は、実は今までに聞こえなかった範囲の雑音です。(残念ながら)補聴器は聞きたい音だけを拾う事ができないため、ざわついた場所では人の声と一緒に騒音も多くなります。最近は一部の騒音や雑音を抑えられる機種もあります。聞きたい方向の音を自動的に選べる機能のあるタイプなら、より快適に使用できます。
  • ピーピーという音(ハウリング)は止められますか?
    聞きたい音を増幅してくれる補聴器ですが、使用中に音の漏れがあるとピーピーという音(ハウリング)が発生します。まずは耳の中に入れる部分をチェックしてもらいましょう。形が合っていないとピーピーという音がもれます。最近の機種はかなり抑制出来るようになりました。
  • 補聴器は両耳で使うべきですか?
    私たちの耳は二つあり、そのことで音の方向や距離を知り、聞きたい音だけを選んで知覚し、聞き取りやすくしたりするのにとても役立っています。一般的には両耳への装着をおすすめしています。
  • 補聴器は、価格が高い方がよく聞こえますか?
    高いからよく聞こえるというわけではありません。個々の聞こえの程度や使用目的に合わせた結果が価格になります。ただし、高価格品にはより多くの調整機能があり、使用環境が広がるため、さまざまなニーズへの対応が可能になります。また、色や形状などの好みへの対応もできます。
  • 補聴器の種類や価格について知りたいのですが…
    補聴器には、耳あな型、耳かけ型、ポケット型(箱型)、耳かけ型でもRICタイプといってあまり目立たないものなどの種類があります。それぞれの価格は、おおよそですが以下の通りです。
    耳あな型(¥98,000~¥500,000)/耳かけ型(¥50,000~¥400,000)/ポケット型(¥45,000~¥80,000)/RICタイプ(¥98,000~¥500,000)。
    価格にかなりの差がありますので、ご来店の上、詳しくご相談ください。
  • 補聴器は何年ぐらい使えますか?
    耐用年数の目安は5年とされていますが、汗をかくことが多いと短期間で故障したり、耳垢が多い方では耳あな型の音の出口が詰まりやすかったりと、使い方により大きく異なります。補聴器の調子が悪い、聞こえにくいと感じたら、早めに専門店へご相談ください。
  • 購入する時は自分が行かなければなりませんか?
    必ずご自分で、できればご家族の方もご一緒にお越しいただき、納得のいくまで認定補聴器技能者にご相談ください。
  • 補聴器の購入には何か支援制度がありますか?
    健康保険および生命保険関連での支援制度はありませんが、身体障害者(聴力障害)手帳保持者の方には、難聴の程度に応じて補装具費の支給を受けられる公的な福祉制度があります。

リンク

日本補聴器販売協会 http://www.jhida.org/

pagetop